+新築よりもさらに上へ!
リノベーション事業

住まいの価値を向上させ、住む人にとって
満足のいく空間を創り出してまいります。

リノベーションとは

リノベーションは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、その建物に付加価値を与えることです。
 
中古の住宅を購入し、リノベーションを行うことで新築購入より価格を抑え、さらに自分好みにカスタマイズしたり、機能性をアップしたりすることが出来ます。大切な財産である住まいの付加価値を向上させて、長く住み続けることを目的としたリノベーションが、現在注目を集めています。
 

リノベーションと
リフォームの違いは?

リフォームには主に老朽化した住まいを「修繕・修復」するという意味合いがあり、リノベーションは「価値を高める」という意味合いがあります。
ホットラインでは、リフォームによる住まいの価値の向上を目指しているので、意味合いとしては、あまり違いはないのかもしれません。
 
ただ、リノベーションは、リフォームのように「ちょっとした所を気軽に補修」というよりは間取りの変更など、
大規模な修繕を行うという意味合いが一般的に強いようです。
 

古民家のリノベーション

現在、新聞などにもたびたび取り上げられるほど、空家問題が深刻になっています。 管理出来ないことによる劣化や倒壊の危険性・不法侵入の危険性や税金の急増…
自分だけの問題でなく、ご近所に迷惑がかかってしまう場合もあります。長らく放置してしまったせいで、機能性の面などで住むことが難しくなってしまった空家を、取り壊しではなくリノベーションで、よみがえらせてみませんか?
 
水・電気・ガスなどのライフラインなどの性能を向上させたり、間取りや内外装を変更したりすることで、思い出のつまった古民家を、住みやすい状況に戻すことが出来ます。
また、空家になってしまった古民家をリノベーションにより復活させることで、カフェや公共施設、民宿などとして使用するといった方法も注目されています。
 
住まいの価値をもっと
もっと上へ!