熱中症対策

熱中症は室内で起こることが多く、防ぐためには室内の温度を一定に保つことが重要です。
断熱性を高めて、快適な生活空間づくりをご提案させていただきます。

熱中症とは

高温多湿な環境に身体が適温できないことで生じるさまざまな症状の総称です。
めまいや顔のほてり、体のだるさや吐き気、汗のかきかたの異常などの症状がある場合は熱中症の危険性があります。

熱中症は室内で起こることが多く、室内にいれば安全というわけではありません。
冷房や暖房の使用による繰り返される温度の変化に身体がついていけなくなってしまいます。


熱中症のポイント

熱中症を防ぐためには、室内の温度を一定に保つことが重要です。
そのためには、窓からの日差しを防ぐこと、断熱性を高めて冷気や暖気を逃がさないことが大切になります。
窓からの日差しを防ぐためには、日除け設置などがあります。
断熱性を高めるためには、外壁サイディングがおすすめです。
既存の外壁にサイディングを重ねて貼ることで断熱性が高まります。
そのため、夏はエアコンの冷気を逃さず、冬は暖房の温かさを保つことができます。