HOME > WORKS~営業品目 > 住宅関連事業 > ヒートショック対策

ヒートショック対策

ヒートショックとは、温度の急激な変化による血圧の急上昇や急降下、脈拍の変動などが身体がダメージを受けること。そんなヒートショックを防ぐための住まいにあったリフォームをご提案させていただきます。

ヒートショック対策のポイント

●窓
今ある窓に内窓を設置したり、ペアガラスにしたりすることで断熱性を高め、外の冷気を伝えにくく、中の暖気を外に逃がしにくくします。

●浴室
裸で入る浴室はヒートショックの危険性が高くなります。そこで、脱衣所から浴室への移動の際の温度差をなくすことが一番の対策になります。浴室の天井埋め込み式温風暖房機の設置やタイルではなく足裏に温かい感触の床材へのリフォームなどがあります。

●洗面所
洗面所は、居室との温度差が大きくなりがちな場所です。脱衣所を兼ねている場合は入浴時に裸になるためヒートショックの危険性が高くなります。
暖房の設置など身体への負担を考慮して配慮をすることが必要です。

●トイレ
トイレも冬場は要注意です。
暖かい部屋から暖房のついていないトイレに入ると危険です。
トイレ内に暖房をつけるなど温度差をなくすことが必要です。。

●外壁
家全体の断熱性を高めるのなら、外壁アルミサイディングがおすすめです。
既存の壁に重ねてサイディング材を貼ることで、断熱性が高まります。