HOME > WORKS~営業品目 > 防災環境事業(地震災害緊急ホットライン)

+++お知らせ

3月14日未明、伊予灘を震源地とした地震が発生しました。
広島にお住いの多くの皆様が、改めて地震のこと、来る南海トラフ地震のことを考える機会になったのでは、と思います。
今回は、南海トラフ地震と関連性がある地震ではなく、被害も小規模でしたが、このような地震は、ふたたび起こる可能性があります。
来る地震に備えて、改めて私たちも備えについて考えさせられました。
また、防災用品のお問い合わせも、たくさんいただきました。

皆様のご不安を取り除けるよう、さらなる商品の充実、開発に努めていきます。

+++防災用品の企画、販売

ホットラインでは、災害時に尊い人命を1名でも救助できるよう常に新しい、時代に反映した防災用品を企画・開発しております。もし災害が起きてしまったら、あなたはどんな行動をとりますか?

イメージイラスト

でも、何の準備もしないで、その行動は可能でしょうか?あなたも「非常時に行動できる備え」をしましょう。命は無事。でも、家の中にいるのは危険。または、建物の中に閉じ込められたなどの緊急時に、救援物資が届くまでの2〜3日、誰もが必要とするであろう、必要最小限のアイテムが必要です。たとえ自宅が無事でも、ライフラインが遮断されてしまったら、それらが復旧するまでの間は、さまざまな不便を強いられることになります。

お客様の「非常時の備え」どのようにお考えですか?

+++防災用品のご案内

ホットラインでは以前から防災用品の取扱いを行っておりましたが、この度東日本大震災を受け、全国で防災の被害予想の見直しがされたこともあり、防災用品の問い合わせが増えております。
「安心できる防災用品が欲しい」「もっと中身を増やしてほしい」というご要望をたくさんいただき、

防災用品をグレードアップしました!
いざというとき、家族「命」を守るためのお手伝いをさせてください!


ご要望に応じで、ホットC、ホットB、ホットAプランをご用意しております。
まずは、お気軽にご連絡ください。

セット内容

1.非常用持出袋×1(エコマーク商品)
2.給水タンク×1(3リットル用)
3.軍手×1(手の保護に)
4.ロープ×1(5m)
5.綿タオル×1
6.携帯用レインコート×1(雨具)
7.ウエットティッシュ×1
8.ポリラップ×1(30cm×20m)
9.キズバンド×1
10.伸縮包帯×1
11.ビニール袋×1(20L)
12.マルチツールナイフ×1(多機能ナイフ)
13.簡易トイレ(袋タイプ)×2(便用、男女兼用)
14.マスク×6(粉塵や風邪の対策)
15.スーパーホイッスル×1
16.レジャーシート×1
17.手回し充電ラジオ(1台4役)×1
 (FMラジオ、LEDライト、アラーム、携帯充電)
18.保存水×2(500ml)
19.保存食(アルファー米)×2(白米、五目ご飯)
20.非常用ブランケット×1(耐寒、耐熱時使用)
以上20点

+++つっぱり棒 L字金具

地震などの災害発生時、家具の転倒や物の落下による負傷、落下物によって避難経路が塞がれてしまうことを防ぐために家具を固定する、L字金具やつっぱり棒が注目されてます。
しかし、正しく設置しなければ、その効果はうまく発揮されません。当社でも、多くのご家庭で、L字金具やつっぱり棒がうまく設置されていないのを、リフォーム施工時などにご指摘させていただきました。
特に多いのは、L字金具の設置がうまくできていないケースです。
L字金具は、ただ壁と家具を固定すればいい、というわけではなく、ネジを打ち込む壁が充分な強度を持っていなければなりません。ネジを打ち込むのに最適な相手を見つけるのには下地探しなどの専用の道具も必要です。相手のない壁にL字金具を固定すると、地震時、壁の陥没などを招く恐れがあります。
また、壁に打ち込める強度のない場合は、木の横板などを設置しなければならない場合もあります。

「防災のために備えがしたい…」「ちゃんとL字金具やつっぱり棒がうまく設置出来ているか不安…」というお客様の声にお応えして、

ホットラインでは、L字金具、つっぱり棒など防災器具の点検、施工に伺います!
まずはお気軽にご相談ください!

かざり罫

平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、大きな揺れとともに、巨大な津波が発生し、死者1万5884人、行方不明者2633人、住宅全半壊約39万棟という甚大な被害をもたらしました。現在も、多くの人々の心や体、生活に傷跡を残しています。

私たちの住む広島でも、昨今話題になっている南海トラフ地震をはじめとした、大地震や津波発生の可能性があるということが、この度広島市地震被害想定で示されました。この想定はたびたび見直しがされ、被害の規模も増加しています。

来る地震に備えて、どんな備えをされていますか?

「被害」は事前の準備や早期避難によって大きく減らせます!

イメージマップ

<コラム:広島県の断層>

広島県西部には、大きく3つの代表的な地震警戒区域があります。
1.「岩国断層帯」広島県大竹市から山口県周南市に至る
2.「五日市断層帯」広島市安佐北区から佐伯区、廿日市市に至る
3.「己斐断層帯」広島市安佐南区から同市西区に至る

■被害予測 (参考:広島県地震被害想定調査報告書/広島県 H19.3)
      (参考:広島県地震被害想定結果(暫定版)/広島県 H24.9)

南海トラフ(広島) 五日市断層 己斐断層
地震規模
M9.0 M7.0 M6.5
今後30年以内の発生確率 南海50%、東南海60〜70% 不明 不明
津波高さ
最大1.9m
発生しない
発生しない
到達時間
3時間30分 - -
全壊棟数
約69,500棟 約36,000棟
約16,000棟
半壊棟数 -
-
約48,000棟
死者数 約14,700人 約3,400人 約800人
負傷者数 約22,200人 約16,800人 約12,000人
重傷者数(負傷者の内数) -  - 約1,200人
死者の主な原因(割合) 津波(94%) 火災(70%) 建物倒壊(48%)
1日後の断水人口 約1,046,000人 約900,000人 約670,000人  
停電軒数 約119,800軒 約390,000軒 約230,000軒
1日後の避難所生活数 約386,800人 約320,000人 約220,000人
帰宅困難者数 約165,900人 約148,700人 約128,000人

 

東南海・南海地震